\ 数量限定販売! /
ミルキーベビーローションビッグボトル(ご注文はこちらから)

商品リニューアルのお知らせ

ベビーソープにつきましては、現在の在庫がなくなり次第、リニューアルとなります。

次回入荷分から随時リニューアル品へと変更となりますので、ご了承くださいませ。

やさしさ×うるおい×シンプル

ドルチボーレ公式通販TOP > やさしさ×うるおい×シンプル

育成スキンケア

ドルチボーレが考える
育整スキンケアにおいて欠かせない3つの要素。

それは、

やさしさ×うるおい×シンプル

です。

お肌に負担を与えない「やさしさ」

スキンケアにおいてのやさしさは主に3つあります。

  • お肌への負担となる成分が無添加
  • 配合成分一つ一つがお肌へのやさしさを考慮した厳選成分であること
  • アレルゲンカット

ドルチボーレの製品は全て赤ちゃんへの使用を考えて作られています。

赤ちゃんのお肌と言えば、バリア機能が未熟でとてもデリケートです。

「いい香りがしてほしい。」
「使用感が良くないと!」
「お肌への負担大丈夫!?」

化粧品に機能性を求め出せばキリがありません。

そして、機能性を追求すればするほど、それに応じた成分が必要となってきます。

ですが、デリケートな赤ちゃんのお肌にとって必要なことだけを考えた場合、機能性を求めることがお肌への負担となることがあります。

いい香りがすればそれに越したことはありませんが、そのために配合する合成香料は赤ちゃんのお肌にとって必要なのか?

そのように考えていった結果が赤ちゃんのお肌にとって負担となる成分を無添加にすることです。

また、化粧品を作るにあたって、洗浄系化粧品なら洗浄成分、保湿化粧品なら保湿成分だけしか配合されないということはあまり多くありません。 多くの場合、化粧品自体の品質を安定化させるための防腐剤や酸化防止剤、油性成分と水生成分を均一に混ぜ合わせるための乳化剤など様々な成分が使われます。

防腐剤・乳化剤などに使われる成分はたくさんありますが、その中でも赤ちゃんのお肌へのやさしさを考慮して成分選びをしています。

3つめのアレルゲンカットについてもとても重要です。
アレルゲンとはアレルギーを引き起こす原因となる成分ですが、成分自体は基本的にお肌にやさしいものであったとしても、アレルゲンである場合はアレルギー症状を引き起こすためやさしいとは言えません。

そのため、アレルゲンとなりやすい成分はできるかぎりカットしています。

お肌のバリア機能を支える「うるおい」

お肌のバリア機能はお肌の一番表面にある「角質層の潤い」とお肌の表面を覆う「皮脂膜」で保たれています。

角質層の潤いを守るために天然保湿因子と呼ばれるアミノ酸やPCA-Na、乳酸Na、尿素などの成分が存在し、さらにその周りを細胞間脂質のセラミドなどが囲っています。

これら潤いを保持するのに欠かせない天然保湿因子や細胞間脂質は日々のストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどの影響を受けて減少することがあり、また皮脂膜はお肌の潤いが外に逃げないように閉じ込めてくれますが、皮脂分泌が少なかったり、洗い過ぎによって皮脂を落とし過ぎたりすると、お肌の潤いが外に逃げやすくなります。

このように、日々の生活の様々な要因で潤い不足に陥りがちなお肌ですので、お肌の潤いを守り、バリア機能をサポートするために保湿ケアが欠かせません。

また、うるおいを守るというと、保湿ケアだと思われがちですが、実は洗浄においてもいかにお肌の潤いを守って洗い上げるかというのが大切です。

うるおいを守るために必要なのは保湿成分だけとは限りません。 洗浄の目的は皮脂汚れを始めとするお肌の汚れを洗い流すことですが、皮脂はお肌の潤いを逃がさないための保護に役立ち、お肌にとっては必要なものです。

ただ、空気に触れて酸化した皮脂はお肌への負担となる場合があるため、洗い流してあげる必要があります。

その際に、気を付けたいのは洗浄力です。 洗浄力が強すぎるとお肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまい、お肌の乾燥を招く可能性があります。

そのため、不要な汚れはしっかりと洗い流しつつ、お肌の潤いは守ってくれる適度な洗浄力であることが大切です。

もちろん、お肌の潤いを守って洗ったとしても、洗浄後は皮脂が減少しており、お肌が乾燥しやすくなっていますので、なるべく早く保湿ケアをしてあげることが必要です。

保湿ケアの基本は「足りないを補う」ことです。
「どうせ保湿ケアするから、洗浄によって乾燥してもいいや!」ではなく、洗浄の際になるべくお肌の潤いをまもってあげることがお肌のバリア機能のサポートとなり、お肌本来のチカラを育む手助けとなります。

個人差のある赤ちゃんのお肌のための「シンプル」

やさしさで説明したアレルゲンについてですが、アレルゲンとなりやすい成分をできる限りカットしたとしても、アレルゲンとなる成分は人によって様々です。

お肌のバリア機能が未熟な赤ちゃんのお肌はアレルゲンの侵入を許しやすいお肌です。

そんなデリケートな赤ちゃんのお肌をまもるには、配合する成分の数をなるべくシンプルにすることが大切です。

配合成分数を少なくシンプルにすることで、より多くの赤ちゃんのお肌をアレルゲンから守ります。

お肌を大切にしてお肌本来のチカラを育むサポートを!

お肌のバリア機能が未熟な赤ちゃんのお肌はちょっとした刺激が肌トラブルの元となることも。

だから大切なことは、お肌への負担をできる限り減らし、お肌のバリア機能をサポートすること。

そうすることで、お肌本来のチカラを育み、健やか肌に導くことができます。

ドルチボーレは大切な赤ちゃんのお肌をまもりたいというママやパパの想いに寄り添うため、「やさしさ×うるおい×シンプル」の考えに基づいた化粧品によって、お肌本来のチカラを育み、健やか肌へと整える育整スキンケアをお届けします。

コンセプト
育整スキンケアについて

PRODUCT

CAMPAIGN

RELEASE NEWS

OFFICIAL CONTENTS

※赤字は休業日です

2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31